「働く女性の香り事情」実態調査

いい香りがしそうな女優1位は「石原さとみ」香りで女性の美人度は6割増す!〜増殖する草食系男子が求める香りとは?〜

女性のストレス解消に香りの力を生かすフレグランスミスト「リリティー」を開発する株式会社ヴァーチュ(所在地:東京都港区)では、「働く女性の香り事情」をテーマとした意識・実態調査を実施いたしました。

Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. フレグランスミスト SAYURI MIKI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. フレグランスミスト YUKI NOGUCHI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. 両方で使い分けています HIROMI TOKUDA
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. 両方で使い分けています AKARI ISHIDA
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. 両方で使い分けています YURI TANAKA
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. フレグランスミスト MANAMI INOKURA
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. 両方で使い分けています AI HASHIGAMI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. 両方で使い分けています TSUGUE HIGUCHI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. 両方で使い分けています NANA OKAZAKI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. フレグランスミスト SANA YUUKI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. フレグランスミスト YUKA HOSHI
Q. 香水とフレグランスミスト、どちらを利用していますか? A. フレグランスミスト MAKIKO FUKUSHIMA

実施時期:2014年3月: 20~39 歳の男女 各200 名を対象としたインターネットアンケートを実施いたしました。
好みの香りを回答する質問では、それぞれ雰囲気がイメージされた「フレグランスミストリリティー」の4種類の香り「さわやかで清潔感を感じるジャスミンアップル」「女性らしさを感じさせるローズ」「甘くて周囲をひきつけるいちじく」「セクシーでフローラルなフリージア」から選択していただくアンケートを実施しております。

性別/年齢 22-24歳 25-28歳 29-32歳 33-36歳 37-39歳 合計
女性 24.5% 29.8% 17.4% 17.0% 11.3% 100.0%
男性 4.5% 20.5% 30.0% 20.0% 25.0% 100.0%

香水離れによる香り事情の変化

まずは男性を対象に、香りに関するアンケートを実施しました。香水とフレグランスミストどちらの女性が好ましいか?という質問では、94%と大半の男性が「フレグランスミスト」を選択。

女性の香りの好感度についても、無臭や香水ではなく「フレグランスミストをつけているのが好ましい」という回答が最も多い結果になりました。

女性の香りの利用状況では、「シーンに合わせて使い分けているダブル使い派」が多く、香りをTPOによって使い分けていることが判明。

ナチュラルコスメの普及と共に“ナチュラル思考”が広がり、優しい香りが主流になったことを象徴する結果となっています。

また、フレグランスミストを利用している女性は全体の67.4%まで増えており、男性のアンケート結果からも、香りの強い香水離れが進んでいることがわかります。

香りに関しての「男女間ギャップ」が発生!

女性が合コンでつけたい香りは、「女性らしさを感じさせるローズ」が1位、男性が合コンで好印象と感じる香りは、「さわやかで清潔感を感じるジャスミンアップル」が1位と、肉食系女子・草食系男子が増殖するこの時代らしい、ギャップのある結果となりました。

また、職場で同僚につけてほしい香りのアンケートでは、男女共に「さわやかで清潔感を感じるジャスミンアップル」が1位となっています。

そこで、近年の草食系男子の増加が、男性の好む香りに影響を与えていると仮定。増殖度合いを確認する質問として、男性の告白に関するアンケートを行ったところ、56.5%と半数以上の男性が「告白は自分から行いたくない」と回答し、「女性から告白をしてほしい」需要があることからも、草食系男子が増殖していることが感じられます。男性の草食化と共に、求める香りに変化が生まれており、香水よりも親しみやすい優しい香りが求められているようです。

では “草食系男子”にアプローチする際に女性がつけたい香り、男性が恋人につけてほしい香りは、「さわやかで清潔感を感じるジャスミンアップル」の香りを支持しており、これまでどんなタイプの男女からも不動の人気とされていた、「女性らしさを感じさせるローズ」の香りを抜いて堂々の1位を得る結果となりました。

草食系が増えている今時男子にとって、香りの強い香水をつけている女性は、“見えない気合い”と“計算されたテクニック”を感じてしまい、近寄りづらい存在のようです。

「●●さんって気合い入れすぎだよね」と思われて、シャットアウトされてしまいます。

今時男子を落とすには、内心は攻め態勢でもジャスミンアップルのさわやかな香りを身にまとった、“ロールキャベツ女子感”を出しておかないと、逃げられてしまう可能性大、なのです。

いい香りがしそうな芸能人1位は石原さとみ「香りがあると、女性の美人度は6割増し」と男性が回答

男性を対象に実施した「いい香りがしそうな芸能人」アンケートでは、1位に石原さとみさん、2位に綾瀬はるかさん、3位に堀北真希さんがランクイン!

上位3名の共通点は、肉食系を感じさせない笑顔が素敵な柔らかい雰囲気。草食系男子が増殖する現在の理想の女性像のようです。

また、「香りがあると美人度が増す」と多くの男性が答えていますが、“キレイの条件=香り“は、切っても切れない関係にあるようです。「いい香りがする女性は、何割増しで美人に感じますか?」の質問でもっとも多かったのは「6割増し」で、45.1%がそう答えています。香りがあるだけで、6割も美人に見えてしまうということで、多くの男性が香りの魔力に騙されているのでは?という不安が残る結果になりました。しかし裏を返せば、香りを身にまとうだけでグンと美人度が増すという、なんともお手軽な方法なので、メイクで何時間もかけるより、出掛けにシュッと香りをまとうひと手間のほうが、男性には響くのかもしれないですね。

鉄板「ローズ」崩れる!さわやかで清潔感のある「ジャスミンアップル」が新定番に!

経済の動向と共に、草食系男子が増えている時代が求めるのは癒しを感じる親しみやすい香りで、強い香りにはアレルギーを示す人も多いようです。しかし、全くの無臭が良いというわけではなく「香りがあると6割増しで美人に見える」との回答からも、香りの重要性自体は高いことがわかります。

また、「いい香りがしそうな芸能人」にも、世間的に癒し系のイメージがある女優がランクインしていることから「いい香り=癒し系=キレイな人」という図式が成り立っています。ナチュラル思考の女性が増え、フレグランスミストの利用者も増加傾向にあることからも、これは男女共通の認識であると言えるのではないでしょうか。

しかし、肉食系女子・草食系男子の香りに関するギャップとしては、合コンシーンでの人気の香りにずれが発生。合コンとなるとつい気合いを入れすぎてしまう女子に関しては、見た目や気持ちは肉食でも、香りは癒し系にシフトすることが、草食系男子攻略のための教訓と言えそうです。

男性からは、職場、恋愛など様々なシーンで「さわやかで清潔感を感じるジャスミンアップルの香り」が人気という結果となりましたが、その秘密はジャスミンが持つ作用にあるようです。ジャスミンの香りには、平均の5倍ものGABA分泌作用がありリラックス効果が期待できます。実際に、嗅いでいるだけで癒されるという人が多いことも、その理由なのではないでしょうか。